結婚式当日・挙式を大成功させるためのポイント


新郎新婦にとって特別な日である、結婚式は、絶対に大成功させたいですよね。挙式を成功に導くためには、気をつけておくこと、確認しておくことなどのポイントがあります。
結婚式当日になって、挙式を成功させるための、それらポイントについてお話しさせていただきます。

挙式当日になった時の心構えについて

新郎側の心構え

新郎は結婚式において、主役としての役割とホストとしての役割の二つがあります。そのため、当日は新婦と招待したゲストたちに、最高のひと時を感じてもらえるか、楽しんでもらえるかを考えるようにするべきです。

また、新郎は衣装の着用や、準備全般において新婦に比べてそれほど時間や負担は大きくありません。そのため、できる限り新婦のフォローに回るようにしてあげると良いでしょう。

新婦も挙式当日はとても緊張していますので、その緊張を和らげる役目を担っていることも忘れてはいけません。

新婦側の心構え

挙式当日の新婦としては、とにかくおもてなしの心を忘れないことが大切です。

結婚式は言ってみれば新婦である自分自身が主役でありますが、結婚に至るまでを支えてくださった両親や、相手方の親族、友人や同僚などに感謝の気持ちを表す機会でもあります。ですので、常にもてなすという意識を心がけて、ゲストへの感謝の言葉などコミュニケーションも重要視してください。

また、結婚式は花嫁として美しい姿を見せられるように、姿勢を正したり言葉遣いを丁寧にするなどの心構えができればベストです。

結婚式当日の流れ

結婚式のおおまかな流れについて

結婚式は、神前式やキリスト教式などの種類があります。ですので、自分たちが行うタイプの式によって流れが違ってきます。そのため、ここではおおまかな流れを紹介いたします。

まず、会場に参列者が入場します。この時は、基本的に新郎新婦と関係性が深い人ほど奥の席に着席するものとなっています。

次に新郎新婦の入場があり、参列者の前で結婚することを誓い合います。そして指輪の交換をします。その後、キリスト教式であれば聖歌斉唱をし、神前式であれば三々九度の杯を飲む儀式などを行います。

これらが終われば、新郎新婦が退場して、結婚式は終了になります。キリスト教式、神前式ともに30分ほどで終了することが多いです。

多くの結婚式が披露宴とセット

結婚式当日は、本題の式が終わっただけで終了ではありません。

なぜならば、多くの結婚式が披露宴とセットになっているからです。今では披露宴も結婚式の一部という認識すらあるほどです。そのため、結婚式の流れとしては、その後に控える披露宴のことも意識しておかなければならないでしょう。

披露宴は、結婚式が終われば併設している披露宴会場などで行われます。披露宴の流れは、新郎新婦の入場、新郎新婦の紹介、乾杯の音頭、友人のスピーチや余興、お色直し、花嫁からの手紙朗読、両家両親や新郎新婦からの謝辞、新郎新婦退場というものになります。

最近は披露宴を自由なスタイルで行うカップルも多いですので、上記で紹介した流れはかなりシンプルなものとなります。

結婚式当日の持ち物チェックリスト

絶対忘れてはいけない物のチェックリスト

結婚式当日はバタバタしており、つい色々なものを忘れがちです。うっかり大切なものを忘れないためにも、チェックリストを活用しましょう。
絶対に持っていくべきもの

  • エンゲージリング、マリッジリング
  • 指輪を置くためのリングピロー
  • 協力をしてくれた友人や知人への心付けの現金、それを入れたポチ袋
  • ウェルカムボードなど手作りしたアイテム

これらの物については、必ずチェックしておきましょう。忘れてしまうと、挙式がスムーズに行えないことも起こり得ます。

新郎新婦それぞれが持っておくべき物のチェックリスト

新郎新婦も、それぞれが持っておくべき物があります。そのチェックリストについても紹介しましょう。

まず、新郎が持っておべきもののチェックリストは以下の通りです。

  • 披露宴の謝辞をする際の文書
  • 無地のハンカチ
  • お酒対策の薬や栄養ドリンク
  • 無地のインナーシャツ
  • おしゃれのためのポケットチーフ

新婦が持っておくべき物のチェックリスト

  • ジュエリー類
  • 両親への手紙
  • 記念撮影をするためのカメラ
  • 急な体調不良に備えた常備薬
  • 化粧を落とすためのクレンジング

以上になります。これらの物を漏れなく持っていけば、心配せずに挙式当日を過ごすことができるでしょう。

その他結婚式成功に関しての記事はこちら → 結婚式の準備!楽しみながらスムーズに進めるための方法

まとめ

結婚式は特別な日であるからこそ、しっかりとした心構えを持ち、一連の流れを理解しておきましょう。そして忘れ物をしないことも大切です。

そこまで気をつけていれば、ちょっとしたハプニングがあっても、結婚式を大成功させられること間違いありません