結婚式場の選び方!失敗しないためのポイント


結婚式は、新郎・新婦にとって、人生でとても大切なお披露目の場になります。その結婚式を成功させるためには、結婚式場の選び間違いをしないことが大切です。
今回は失敗しないための、結婚式場の選び方をご紹介いたしましょう。

結婚式場の種類にはメリット・デメリットがある

ホテルでの結婚式について

ホテルは、かねてよりスタンダードな結婚式場として有名です。

ホテルでの結婚式のメリットとしては、

  • 宿泊施設と併設しているので、式が終われば泊まることができる
  • 格式高い雰囲気で式を挙げられる
  • ホテルは各都市の中心地にあることが多いため、交通アクセスが便利

などが挙げられます。

逆にデメリットについては、

  • 結婚式の費用が高くなりがち
  • 式の内容で自由度が制限される部分がある
  • 貸切ができないため、特別感が薄れることも

などが考えられるでしょう。

ゲストハウスでの結婚式について

次に、近年になって人気が増しているゲストハウスでの結婚式についてです。
ゲストハウスでの結婚式のメリットは

  • 貸切できるところが多く、特別感が出る
  • ホスト側が望む自由な演出が可能
  • ゲストと近い距離で接することができる

デメリットは

  • 郊外にあるゲストハウスだと交通の便が悪い
  • 宿泊施設が併設されておらず遠方のゲストに負担を強いることも
  • 格式の面で、ゲストによっては気軽すぎる式にみられることがある

などがあります。
以上のように、ホテル、ゲストハウスではメリット・デメリットが大きく変わります。自分達がどのような式を目指しているのか、そしてその式に合うのはどちらかを見極めましょう。

結婚式の希望をまとめる

日取り、招待する範囲などを決める

結婚式の会場を探す前に、まずはどのような結婚式をしたいのか、その希望をまとめる必要があります。希望については、まず基本的な部分から決めていきましょう

基本的な決めるべき項目としては、いつ結婚式をするか?という日取り、どれくらいゲストを招待するか、予算はどれくらいか、式のスタイル(神前式、人前式など)はどうするか、式を挙げる場所などがあります。

これらの基本的な部分をまとめていくことによって、選べる式場の種類も絞られてくることがあります。ですので、まずはこれらの基本項目から、決めるようにしてください。

新郎新婦、両家の意見も参考に

結婚式の希望については、新郎・新婦そして両家親族ともに、いろいろな意見を持っています。

それらを参考にした上で、すべての方が納得できるような希望案としてまとめることが大切です。

新郎新婦がお互いの意見を十分聞けなかったり、両家の意見を聞かなかったりした場合、後から結婚式に対しての不満が残ってしまうこともあります。結婚式の中の演出については、新郎や新婦で意見が分かれることもありますし、両家の

親族の意見も違ってきます。ですので、十分に意見を聞くことをしなければ、式でのトラブルの元にもなります。

結婚式は二人が夫婦として、親戚をはじめとしたゲストをお迎えするセレモニーです。そのため、いかにしてゲストに満足していただけるかを考えながら、理想の式について希望をまとめてください。

結婚式場を探そう

約10ヶ月前から式場探しを始める

結婚をすることが決まり、結婚式についてのおおまかな意見が出て来れば、式場を探す段階に入ります。

では、その結婚式場は結婚式をしたいと考えている日からどれくらい前から探し始めるべきなのでしょうか。個人差はありますが、世間のカップルの平均として、結婚式予定日の約10ヶ月前から式場探しを始めているようです。

人気の式場は、予約が取りづらいことも多いです。余裕を持って式場探しをしておくことが大切ですね。

結婚専門誌やネット、専門家に依頼することも

結婚式場の探し方は、いくつかのルートがあります。一番スタンダードなものならば、ゼクシィなどの有名な結婚専門誌を参考にすることがあります。しかし、都市部になってくると、結婚式場もかなり多くなり、どこが自分達に適している式場なのか決め兼ねるケースも少なくありません。

このような時は、インターネットでの式場検索サービスを利用するのも良いでしょう。希望する項目にチェックボックスを入れるだけで、エリアのおすすめ式場を検索してくれますので、とても便利です。

また、ブライダルプランナーなど、結婚のフォローを行っている専門家に手助けを依頼することも良いでしょう。専門家からの的確なアドバイスも貰えるので、とても心強いのが良い部分になります。

その他結婚式成功に関しての記事はこちら → 結婚式の準備!楽しみながらスムーズに進めるための方法

まとめ

結婚式場は、メリット・デメリットを見極めた上で、誰もが納得できることが大切になります。

また、式場探しについては、時間的な余裕を持った上で、効率の良い方法でアプローチをしてください。そして自分たちにとって最高の式場を探し当てましょう。