贈って喜ばれる結婚内祝いギフトの選び方


結婚をしたカップルは、お祝いをいただいた方へのお返しや、周囲に喜びを伝える上で内祝いを贈らなければなりません。

その内祝いの方法は、ギフトという形が一般的です。今回は、贈って喜ばれる結婚内祝いのギフトの選び方についてご紹介いたします。

結婚内祝いの気をつけるべきマナーや相場

お礼状を一緒に送ろう

結婚の喜びを形に変えて贈る、結婚の内祝い。その内祝いは、現在の慣習では結婚のお祝いをいただいた方に贈ることが一般的です。そのため、お祝いのお返しとしての意味合いが強いと考えても良いでしょう。

そのような、お返しの意味が強い内祝いですから、品物だけを贈るのは失礼にあたります。必ず、お祝いをいただいた感謝の気持ちと、結婚をした喜びが伝わるように、お礼状をつけるようにしましょう。

お礼状の内容としては、長い文章でも良いですが、気持ちが伝わるのであれば短い文章でも十分です。このお礼状があるかないかで、相手の印象は大きく変わります。必ずつけるようにしておいてください。

結婚内祝いの相場はいくら?

結婚内祝いを贈る時に気になるのが、その金額についてです。贈る相手に失礼とは思われないような金額設定をしておかないと、それ以降の相手方との関係性にも響いてしまいます。ですので、金額の相場を知り、適切な内祝いの品を贈ることを心掛けなければなりません。

では、その結婚内祝いの相場についてですが、一般的な相場としては、いただいたお祝いの額の1/3から半額の値段のものとされています。そのため、この範囲での内祝いの品を選ぶと、失礼にあたることはありません。

ただ、内祝いの額は贈る相手との親密さによっても変わってきます。気を使うべき人には、できるだけ半額近い額の内祝いの品を贈るようにしましょう。

内祝いとして喜ばれるギフト選びのポイント

実用性のあるものを優先的に選ぶ

結婚の内祝いとして、多くの方が望まれているのが、実用性のあるものです。

例えば、内祝いとして結婚をしたカップルの記念置物などをもらっても、実用性はありません。そのため、それほど喜ばれることもないでしょう。

その点、普段の生活の中で使えるようなものであれば、貰ってよかったという感想を持っていただけます。内祝いのギフトを選ぶ際は、自己満足で趣向を凝らすのではなく、シンプルに考えて普段の生活で使えるようなものを優先的に選ぶように心がけてください。

消耗するものでも良い

結婚の内祝いの品として、消耗品を贈ることも適切です。食品であったり、洗剤であるなど、消耗できる品物であれば貰うと嬉しい気持ちになります。

消耗するものは、消えてしまうので縁起が悪いのでは?と考えてしまう方ももしかしたら居るかもしれません。ですが、社会通念上、内祝いの品で消耗品が悪いとはされていません。ですので、心配することなく消耗品を選んでください。

消耗品は、選択肢が多いです。そのため、様々な人に対して内祝いとして贈ることが可能です。積極的に選んでみてはいかがでしょうか。

誰にでも喜ばれる贈り物を紹介

商品券

内祝いとして、一番無難な選択肢であるのが、商品券です。商品券であれば、贈った相手の方に自由に使っていただけるので、好みなどを把握しなくても良いというメリットがあります。

現在の内祝いランキングでも、上位に商品券は君臨しています。何を贈るか迷った時は、どこででも使えるような商品券を選んでみると良いです。

高級食材

誰かからの贈り物は、自分が普段買わないような品をもらえるのが嬉しいポイントになります。そんな非日常的な品であるのが、高級食材です。

キャビアなどの三大珍味はもちろん、高級なお肉なども贈るととても喜ばれる品になります。

気軽に購入できないような高級食材を贈れば、喜ばれること間違いないと言えます。

私のオススメは、高級ブランド和牛です。
結婚内祝いにおすすめのお肉はこちら

洗剤

内祝いの品として喜ばれる消耗品の代表例であるのが、洗剤です。

洗濯は当然、どのような家庭でも行っていることですから、洗剤は日常生活に必須の品物になります。そのため、誰しもが貰って嬉しいギフトです。

また、洗剤はクリーンなイメージがあり、純白という花嫁を連想させることにも繋がります。ですので、結婚内祝いのイメージにはぴったりの品であるとも言えるでしょう。

まとめ

結婚の内祝いを贈る際にも、気をつけるべき相場やマナーがあります。そして相場やマナーを踏まえた上で、喜ばれるギフトを選ばなければなりません。

ちょっと面倒だと思うかもしれませんが、今回ご紹介した内容を踏まえて考えれば、比較的簡単に結婚内祝いを選ぶことができます。是非、参考にしてみてください。